先生

仕事でストレスが溜まったら溜め込まない【スッキリ気分で元気】

生活上の問題に対処する

先生

現代社会はストレス社会ともいわれています。それだけストレスを抱えている方が多い事の証拠です。そして仕事が原因のことも多くあります。仕事は大切ですが、適度な休息なども必要です。仕事と生活のバランスをしっかりと取って、ストレスをためてしまわないように気をつけましょう。

Read More...

簡単な仕組みを作ろう

悩み

仕事をする上で問題は付き物です。そのため、問題をできるだけなくす工夫をしなければなりません。それらの工夫をしなければ無駄なストレスを感じてしまいます。例えばわかりやすい仕組みにすることや時間を有効利用する仕組みを作ることが仕事を円滑に進めるために必要な工夫です。

Read More...

体調を崩さないような生活

救急車と聴診器

気分転換を毎日行う意味

社会人になると、どうしても仕事に対してストレスを感じてしまう人がいます。その仕事のストレスを溜めこまない方法があります。それは時間が取れない場合は仕事の合間や、仕事の前後の時間また昼休みの時間を使い、軽い運動をするというものです。軽い運動を行うだけでも体を動かしスッキリとした気分になれるものです。基本的にジョギングは道具はいりません。専用のロッカーに着替えを準備しておくだけで、簡単に行なうことが出来ます。汗をかいたときに備えて着替えとタオルに水分を準備しておくと、仕事中にストレスが重く感じた時に発散できるのです。走ること歩く事それだけでいつもと景色が変ります。イライラとしていたストレスの原因を一時的にリセットしてまた仕事に戻ることが可能になってきます。また会社から少し離れるだけでストレスから離れます。気持ちが落ち込みかけてときは休憩時間を利用して1人になる時間を作るだけでも大きな効果があるのです。ただどんなに日頃からこういったジョギングや1人の時間を作るなどを行なっていても、ストレスの元となっている内容によっては、なかなか発散することが出来ないでしょう。だからといってそのままにしておくと、どんどんストレスが溜まっていき、最悪の場合うつ病などの精神的な病気に発展してしまう恐れもあります。心の病気を予防するためにも、なるべく早めに心療内科や精神科を受診するようにしましょう。そこでは、仕事で悩んでいる内容などを聞いたり、本人の性格を見たりしながら治療を進めてくれます。ですがそういった医療機関に初めて行くとなると、周りの目が気になって行けないという人もいます。そのため、心療内科や精神科によっては、病院に直接行かなくてもカウンセリングが受けられるシステムを設けているところもあります。まだ病院に一度も行ったことがなくても、あるいは何度か通院している人でも、このカウンセリングが受けられるようになっています。電話対応の場合、医療機関によっては時間が予め決まっていることもあるので、必ずチェックしておくといいでしょう。また自費での対応になることがほとんどなので、どのくらいでいくらになるのかなど費用面のチェックも欠かさずに行ないましょう。

趣味をいかした生活

ストレスは仕事で嫌なことが起きたときだけではなく、何か役職に就くなど責任を持つ立場になったときにも発生することがあります。そのため、少しでもいつもと違う環境や状況になったら、少し自分に目を向けてあげるようにしましょう。中にはストレスの有無に気づかない人もいます。そういった場合も、少しでも違和感があれば、医療機関への受診をオススメします。そこでは心の病気に発展していないかどうかのチェックも行なってくれるので、それを行ない問題がなければ安心ですし、何かあればそのまま治療に進むことができ早期解決が可能となります。自分なりに仕事の合間に様々な方法でストレス発散することも大切ですが、念のために医療機関への受診も行なっておくといいでしょう。

悩みを克服する

悩み

仕事でのストレスについてもそうですが、もちろんそれ以外の「様々な悩み」についても同じです。悩んでいる時は、えてして考え方が歪みがちです。冷静になって、マイナスのことばかり見てしまう自分を反省し、プラスを見ていくことです。きっと、心が回復していくことでしょう。

Read More...