診断書

仕事でストレスが溜まったら溜め込まない【スッキリ気分で元気】

簡単な仕組みを作ろう

悩み

わかりやすい仕組みを作る

インターネットが普及するにつれて新しいニーズが生まれています。それと同じように新しいトラブルも増えます。それが仕事のストレスになってしまうと、仕事を続けていくことも困難になります。そのため、事前にトラブルを防ぐための仕組みが必要になります。トラブルになる1つの原因にわかりにくさがあります。伝える側と理解する側の意思の疎通を図る事ができない時にわだかまりが起きます。それが解消できない時にストレスを感じるのです。もちろん、全てのストレスがいけないものではないでしょう。適度なストレスは作業を進めるのには大事な要素です。緊張感がない仕事では、密度が低くなります。けれど、緊張感がありすぎる仕事と言うのはどうでしょうか。逆に圧迫してしまいます。すると、相手に質問ができなかったり、言うべきことを言えなかったりします。それでは、きちんと作業が進んでいるかどうかもわからなくなってしまいます。特にインターネットは新しいものです。そのため、可能性がある反面、使い方も定まっているとは言えません。だからこそ、修正や改善と言う作業は必要ですし、相手の声に耳を傾けることが大事になるのです。企業間の取引で円滑に物事が進まなければ、最終的に消費者に良いものが届くことはないでしょう。そうならないように、仕事に関するわかりやすい仕組みを作らなければなりません。そして、日々、再確認をする必要性があります。もちろん、最初からわかりやすい仕組みを作れればいいですが、そういうわけにも行きません。そのため、定期的に見直さなければならないのです。

時間を有効利用する仕組み

時間には限りがあります。そのため、互いの時間を尊重する仕組みにならないといけません。どちらかが、時間の配慮をしなければ、片方が時間を余計に取ることになります。もしも、時間が余計に取られることについて話をすることができなければ、その言い出せないことがストレスになってしまいます。しかし、言うべき時には言えないといけません。それらを放置しておくと、他の人にも迷惑がかかってしまいます。そのため、仕組みを作った後は、その仕組みが余計に時間を使わせていないかと言うことを再確認する必要があります。できるだけ短く、簡単に行える仕組みにしないといけません。特にコミュニケーションにおいては時間を必要とします。さらに近年はコミュニケーションの取り方が変化しています。もちろん、現実の場でコミュニケーションを取ることにも時間はかかります。しかし、インターネットを通じて文章を作成すると言う作業にも時間がかかってしまうのです。時間がなくなれば焦りますし、焦るとミスが多くなってしまいます。事前に防ぐことができるミスを防がないでいるのは勿体無いことです。同じ問題の発生で悩むのにも時間を使います。仕事を円滑にしてストレスを無くしていくためには、それなりの準備が必要となるわけです。時間管理を甘く見てはいけません。時間を管理しないと、どんどんと時間が過ぎてしまいます。そしたら、本来の目的を期日までに進めることにも支障が出てきてしまいます。そのため、時間には注意を払わなければなりません。