診断書

仕事でストレスが溜まったら溜め込まない【スッキリ気分で元気】

悩みを克服する

悩み

悩んだ時どうしたらいいか

日々、いろいろなことに悩まされることがあるかもしれません。家庭では家庭の悩みがあり、学校では学校の悩みがあり、職場では職場の悩みがあります。それぞれが、それぞれの立場で、それぞれの悩みを抱えています。ここでは、「仕事の悩み」について考えてみましょう。仕事のストレスで、職場に行くことが辛くなっている方もおられるでしょう。仕事でうまくいかないことがあったり、職場の人間関係に悩まされていたり、そういったことで「大きなストレス」を受けている場合もあるでしょう。気分転換が上手な人は、ストレスをうまく発散し、ため込まないようにすることもできると思います。でも、そんな簡単にできない人の方が多いのではないでしょうか。例えば、職場で上司に怒られたら、気持ちが萎えるでしょう。ましてや、それを周囲の人に見られたら、とても傷つくと思います。一方、その時は傷ついても、後々尾を引くことはなく、うまく気分転換ができる人もいます。傷つきやすい人にとっては、なかなかそういうわけにもいかないでしょう。何とか「心を回復したい」と焦るけれども、焦れば焦るほど、ますます傷ついていく自分を自覚して、どうしていいかわからなくなることもあります。毎日、心配や不安で、明るく前を向ことができないという方もおられると思います。いったいどうすれば、このような仕事などのストレスに打ち勝ち、堂々と前向きになっていくことができるのでしょうか。いったいどうすれば、落ち込んだり傷ついたりしている自分から抜け出していくことができるのでしょうか。

過去ではなく今を生きる

自分が落ち込んだり傷ついたりしている時に限って、人から嫌なこと言われたりするようなことはないでしょうか。誰かに励ましてほしいのに、心を閉ざしているせいで、人が近寄ってこないようなこともあるでしょう。気持ちが暗くなると、どうしても暗いことを引き寄せてしまうものです。これではいけないと「明るくなろう」と思っても、そうはいかないこともあるでしょう。失敗を前向きに考えるというのは、その時はなかなかできないかもしれません。しかし、失敗の痛手も、時間の経過とともに、少しずつ和らいでくるものです。忙しい毎日ですから、過去のことばかりにこだわっているわけにもいきません。今は過去のためにあるのでなく、未来のためにあります。そして、過去の痛手も、確実に時間が癒してくれます。そう信じることが、心の安定にもつながっていくと思います。単に信じるということではなく、実際今までも、過去の痛手を乗り越えてきたのです。そんな自分に自信を持つことが大切ではないでしょうか。例えば、上司から叱られたことを、「重大なこと」と思うかもしれませんが、よく考えてみれば、別に「たいしたことでもない」のです。叱られている姿を周囲の人に見られたら気になるかもしれませんが、忙しい毎日にあって、そのようなことは、周りの人たちもすぐに忘れてしまうでしょう。また怒る人もいるかもしれませんが、励ましてくれる人もいるものです。自分を勇気づけてくれる人に対して、感謝の気持ちを持てばいいのです。そうすれば、上司に何かを言われたくらい、たいしたことではないことに気づきます。もし、叱られたことはともかく、相手の言うことで何かプラスになるようなことがあれば、自分の糧にしていけばいいのです。