診断書

仕事でストレスが溜まったら溜め込まない【スッキリ気分で元気】

生活上の問題に対処する

先生

いつの間にかかかる負担

毎日の生活を営んでいくために必要な事は数多くあります。家の中のことも当然必要です。プライベートを楽しむことも含まれます。しかし、生活していくためにはお金は必ず必要となります。お金は仕事をおこなう事によって得られるものです。もちろん、仕事は生活をしていくための手段であると同時に、社会に貢献したり、生き甲斐を持ったりすることにも大きく貢献します。仕事が人生に及ぼす影響はとても大きいのです。とはいっても、いつの間にか心や体にたまってしまうものもあります。その一つとしてストレスをあげることができるでしょう。適度なストレスは行うべき仕事の効率を上げるのに役立つという研究結果があります。しかし、適度ではない、つまり過度のストレスは心と体に悪影響を及ぼしてしまいます。そして外傷のように目に見えるものではないので、自覚として気がつきにくいのも特徴の一つとなっています。ストレスがたまってしまうとどのような事が生じるのでしょうか。その一つとして疲労感が強くなるということがあります。これまで夜しっかりと寝れば、疲れがとれていたのがとれなくなってきます。さらに通勤の時も疲労によって辛いと感じるようになります。当然のこととして仕事の効率も低下してしまいます。そうすると、行うべき仕事が残ってしまうので、締め切りにも間に合わすためにいつも以上に働く必要も生じてしまいます。それがまたストレスとなってしまうという悪循環に陥ってしまうことがあるのです。これでは健康に良くありません。

適切な処置を受けよう

ストレスが生活に及ぼす影響を一つあげましたが、もちろん疲労感が強くなるというだけではありません。精神的なバランスも崩してしまうことも多くあるのです。例えばこれまで楽しいと感じていたことが、楽しいと感じなくなってしまうこともあります。そして多くのことに興味関心を抱いていたのに、興味関心を抱かなくなることもあります。そうなってくると、生活していることが大変疲れるようになってしまうのです。夜眠れなくなってしまうこともあります。こうなってくると、少し休息を取ってストレスを発散させて、元気な生活に戻ろうと思ってもなかなか思うようにはいかなくなります。そのようなときは医療機関の助けを得る必要があります。ストレスによって仕事や生活に大きな影響が出ている場合は、メンタルクリニックや心療内科を受診することができます。さまざまな職業の方が通院しており、大きな助けとなっています。風邪をひいたときに内科に行くのと同じようにして、今抱えている症状を分析してくださいます。そしてそのような症状に悩まされている原因を探ってくださいます。さらに、元々の元気な生活に戻ることができるようにするために必要な、アドバイスをいただくことができます。必要であれば、一時的に薬を処方していただくこともできます。そうすることによって自律神経のバランスを整えたり、夜しっかりと睡眠をとれるようにしたりすることができます。そのように医療機関と薬の助けを得ているうちに、だんだんと回復していき、元の生活に戻ることができるのです。仕事のストレスは当然生じるものですが、しっかりと対処しながら生活を楽しめるようにしましょう。